« 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part1~ | トップページ | 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part3~ »

2006年2月26日 (日)

【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part2~

☆2005年7月4日

20050709 関西バギーキングを目指して、タミヤグランプリに参加してきました

マシーンは、当然「デザートゲイター」です。私の感想は、初めはグリップ不足に悩まされましたが、最後は結構走ってくれました。やはり、DT-02はいいマシンですね。でも、4駆の方が、速いですねv(^o^)

路面はアスファルトですが、普段は使用していないところなので、かなりホコリ等が浮いていて、かなりグリップは悪い状況です。最終的には、ライン上はかなり良い状態に
なりました。

タイヤは、フロント・リアともキット標準
※事前に、走行はほとんどできていないので、ほぼ新品状態
  タイヤは、ホイルがもったいないので、接着してません
ダンパー DF-02用アルミダンパーです
フロント オイル  200番
      バネ   ブルー(DT-02用)
      ピストン 3穴
      スペーサ 5mm
      取り付け 下→内
リア   オイル  300番
      バネ   シルバー(キット標準)
      ピストン 3穴
      スペーサ 3mm
      取り付け 上→外 下→内
      ※DF-02のユニバ着装
リアのバネは、ダンパーの組み方や人の好みでかなり変わるようですね!これは、あくまで私の好みのセットですので、なおかつAメインには、残れなかったセットですので....(>_<)
20050713







☆2005年8月22日

昨日の日曜日、無事に加西でレースが行われました

20050819 今回は、4駆と2駆のダブルエントリです。当然予告どおりスーパーファイターGで2駆は参加です。デザートゲイターもあるのですが、フロントタイヤの関係で、今まで使用しているシャーシにしましたただし、ボディはデザゲボディです

練習走行は、
バネをF赤(DT-02),R銀(標準)、タイヤをFBK2リブレッド,RX2000レッド で走行バランスは、アンダー特に低速コーナーが全く曲がりません。前回と同じアプローチでは、加西のメンバーには太刀打ちできないので、より曲がるアプローチでフロントにブロックヘッドしてウェイトも15gほど分けて搭載。温度も低めなのでリアタイヤもホールショットM3に変更

予選1回目
バランスが悪く走りにくい、かなり前よりなので曲がるが、かなり慎重に操作をしないと乱れます。最近オフロードを走行していない私には辛い!全くダメ!当然最下位!

予選2回目
バネをF青(DT-02)、R赤(DT-02)にRタイヤをX2000レッドに変更。バランスは改善されましたが、やはり私の走行には会ってません 10秒も早くなりましたが、まだまだ最下位!

予選3回目
フロントタイヤをBK3リブレッドに変更して、リアウィングをアルティマウィングに変更。リアタイヤは、X2000レッドのままで、バランスはかなり良くなって、遅いですがかなりタイムは、改善
できそうな予感!その時に、アナウンスでポンダーついてますか?って、即座に机の上にあります!とこたえました...ダントツ最下位決定!

決勝
参加人数は、18名で通常だと1メイン8名なので、Cメインなのですが、天気の関係もありBメイン10台走行となりました。さすがに10番スタートはきつく、6番手ぐらいに上がったことはありましたが、もまれて8番手、9番手となりゴール

まだ、2~3アイデアがあるので、充分準備した上で路面がもう少しよくなってから、挑戦したいと思います。はやり、加西はあまくないねぇ~


☆2005年9月19日

あっという間に次のの加西レースレポです

おさらいとして、今回のDT-02の変更点

1)フロントサスアームを逆に取付け(ホイルベース少し延長)
⇒それに伴いフロントアッパーアームをデザートゲイターから移植。ついでにリアのアッパーアームもデザゲから移植
2)フロントアクスル
⇒B4のフロントタイヤを使用するために、今までアルティマのものを利用していたが、ポン付けでは蛇角がとれないので、ノーマルに戻しました

今回新たに準備したのは、フロントタイヤ
⇒LOSI エクストラワイドボディ REDとBK3LIB SLIVERがストックに余裕があったので、準備。

レース当日、不安定な天候の中、複雑な気持ちで加西へ、そして8時前に到着。小雨が降っているにもかかわらず、既に10名強が準備しています。どうなってるんだ、ここは(私も含めて)少し様子をみて、小雨も止んだので我々も準備を開始。

練習走行
仕様を変更して、1mmたりとも走らせていないので走りたいのですが、バッテリを全く充電していなので、しばら~く待つことに!路面は、前日深夜の雨と先程の小雨で良い具合になってます。まずは、
フロント
 タイヤ  LOSI エクストラワイドボディ RED
 スプリング 標準シルバー
 オイル   ??LOSI #22.5
 ダンパー DF-02の青いやつ(ピストン 3穴)
リア
 タイヤ  LOSI X2000 RED
  スプリング DT-02ブルー
 オイル   LOSI #20
 ダンパー DF-02の青いやつ(ピストン 3穴)
これではしります

2周したところで、リアのアッパーアームの付け根ネジがゆるんでとれました。つけなおして、再走行! フィーリングは、リアの挙動が少し唐突な動きをするので、ホールショットM3に交換。グリップ感は悪くないですが、前後のバランスが少し気になります

予選1回目
先ほどのセットで、リアをホールショットM3にします。1番スタートなので、後ろの車が気になります。早速1周目から、スタック....前後のバランスがイマイチで、車の動きになれません。その後も、数度ミスを繰り返しゴール 13周....

雨での中断をはさんで、予選2回目
セットは、リアバネをDF-02のイエローに交換。また、リアタイヤをX2000に交換します。インナーがかなりへたっていたので、入れ替えました。雨上がりで、先ほどよりも路面グリップが上がっているので、このヒート勝負とみて、ミスしないように心がけて、スタート!やはり、1周目ミス...そんなにロスしなかったので、そのまま大切に行きます。車のバランスも申し分ありません 自分の中ではかなり手ごたえがあります! 
現実は、トップとは1周1秒以上ちがうんですけどね...(^o^;)

その後は、ほぼミス無くゴール! 1回目を15秒以上短縮して、14周に入りました。ちなみにトップは15周です...ハハ

予選3回目
リアの挙動の安定さ求めて、リアダンパーの取り付け位置を外に変更。直前、周りを見てリアタイヤをホールショットM3に交換。走行フィーリングは、前後バランスは、少し良くないですが、悪くありません。予想に反してベストラップも先ほどより、良いタイムが出ています。ミスを数回しているので、かなりプッシュして走ります。14周でゴールしましたが、タイムアップできず

総合予選結果は、22台中14位。予想以上に良い結果となりました私は、満足です

決勝
いつも決勝は、ダメダメなので、集中していくことにしました。セットは、替えずに リアタイヤを再度X2000レッドにします。Bメインスタートは、6番手。スタートは慎重に行き、1コーナーの混乱に利用して、2台パス4位に、前の車がスタックして、3位に2位にDrが見えてきました。とにかく離されないように必死で、いきますが、やはり離れていきます。が、Drがスタック!2位です イヒヒ~ でもすぐDrに追いつかれます。必死に抑えますが、簡単に
並ばれます。そのとき接触、すぐ走行開始しますが、いつもの様に別の車にうしろから、ドーン! 大きく後退! 

ラップタイムが出ないので、ここまで下がると自分で浮上するのは、不可能です。あとは、いつもの方とチキチキです。前を走っているのはわかるのですが、全然見えません。
そのとき、見覚えのあるカラーリングが誰にも気づかれずスタック中! 

しめしめ、

と横を通りすぎ、頑張って差を開きにかかります。

5分が迫ってきます

後ろからもドンドン迫ってきます

とにかく自分のペースを守って走行を続けます。

あと3周、このままで行くとラストラップの後半で追いつかれそうです ヤバ...

そのとき後ろで、コーナーを少し膨らむのが見えました ラッキーマン

なんとかそのままゴール 結果は6位。

なんのことない、結果ですが、自分的にはAメインを走ったような充実感のあったレースでした。

最終的なマシン(DT-02)仕様です

フロント
ダンパー   DF-02のオプションアルミダンパー(ピストン3穴)
オイル     LOSI #22.5
スプリング   DT-02標準(シルバー)
取付位置  上外、下内
スペーサー   6mm
タイヤ   LOSI エクストラワイドボディ RED(インナー付属)
ホイル   デザートゲイター用

リア
ダンパー   DF-02のオプションアルミダンパー(ピストン3穴)
オイル     LOSI #20
スプリング   DF-02 黄色
取付位置  上外、下内
スペーサー   無し
タイヤ   LOSI X2000 RED(ヨコモ 16M)
ホイル   スターディッシュホイル

その他
・シャーシは、スーパーファイターGのシャーシ(ギアボックス含)を利用
・ボディ、デザートゲイター用(ウィング:アルティマ用)
・アッパアームは、Iアーム化(デザートゲイターのを利用)
・ウェイト15g フロントバルク内
・モーター 15ターン(ヨコモPRO-STOCKのローターのみ使用)

このようなところでしょうか?

前回の加西ではこのセットで、前後のバランスもとれまずまずの走りができました。ただし、車重がかなり思いので、ストップ&ゴーやジャンプおよび細かなコーナーは、やはり苦手ですね。単独で走っている場合は、そうは思っていなかったのですが、他車と走り出すとやはり遅いですね~ ハイエンドのマシンとの差は、明確ですね。

もう少し改善できることがあるかもしれないので、まだ調整したいと思います。

☆2005年9月25日

今回もDT-02のやりのこした加西でのテストです

ちなみにこのテストは、私個人の感覚で評価であるのと、特殊な条件の加西でのテスト結果なので、他の場所ではどうかは保証できませんので、参考程度にしてください

1.ボディ
セットは前回のままで、デザートゲータとB4のインターセプターとの比較です。
結果は、デザートゲイターボディはダンフォースが後よりのようで、減速時に急激にダンフォースが抜けて挙動が乱れやすく加西では、インタセプターの方がバランスが良く感じです。

2.ウィング
アルティマウィングから、ヨコモごくらくウィング(バナナタイプ)に変更。当然リアグリップが向上し安定しますが、路面状態などのその日に状態によりますね。今日は、採用しました。

3.モーター
23ターンのモーターを試しましたが、ピニオン忘れて17Tしかなかったので、あまり評価できず。ピニオンは、19Tしかないのでレース仕様を考慮するとトップスピードは、足りないかな..

4.ダンパーセット
オイルが柔らかく、効いてなかったのでオイル交換
フロント #22.5 →#30
リア   #20   →#25

5.その他
フロントバンパー加工 → 画像参照


20050925 全体的な、バランスはかなり良くなってきました。レースで試したいところですが、次回のレースは欠席なので見送りです。ボールデフも含めて、もう少し調整ができそうです。そこまで、私の興味が持ってくれればいいのですが....

今日もジャンプの着地に失敗して、カウンダギアをなめました。モデファイモーターでの過酷な走行には、厳しいですね...

|

« 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part1~ | トップページ | 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part3~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55403/839936

この記事へのトラックバック一覧です: 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part2~:

« 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part1~ | トップページ | 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part3~ »