« 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part2~ | トップページ | 今日から始めます »

2006年2月26日 (日)

【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part3~

少しづつ熟成が進むDT-02、果たしてレースの結果は

☆2005年10月9日

今回もは、加西シリーズ最終戦です、ニ駆は参加台数27台と言う最近の加西では最大級の台数です。DT-02も他に3台、参加しているようです

セットは、前回のままです(時間の関係でメンテ無し、ギア交換したのみ)。ただし、お気に入りのX2000REDがぼうずになって使用不可なのですが、品切れで購入できず! 止む終えずホーショットM3を(レーザーホイル)に貼ったものを中心に使用することに

セットをおさらいで

フロント
ダンパー   DF-02のオプションアルミダンパー(ピストン3穴)
オイル     LOSI #22.5
スプリング   DT-02標準(シルバー)
取付位置  上外、下内
スペーサー   6mm
タイヤ   LOSI エクストラワイドボディ RED(インナー付属)
ホイル   デザートゲイター用

リア
ダンパー   DF-02のオプションアルミダンパー(ピストン3穴)
オイル     LOSI #20
スプリング   DF-02 黄色
取付位置  上外、下内
スペーサー   無し
タイヤ   プロライン ホールショトM3(ヨコモ 16M)
ホイル   レーザーホイル

その他
・フロントサスアーム逆付け
・ボディ B4用インターセプター
・ウィング ヨコモごくらくウィング バナナ
・モーター ヨコモS-PROの缶に、PROSOCKの13Tのロータ

練習走行は、前後のリアトレッドが少し広めのせいか、やはりバランスがよくありません でも、これで走るしかないのでこれで行くことに

予選一回目
この車にもだいぶんなれてきましたが、コースの反対周りになれてないので、ミスを連発。車事態は、まあまあですがやはり一発の速さは少し足りませんですね(しかたないっす)。なんとか14周に入り上位のメンバーが下位にしずんだため、15位あたりとなりました

予選2回目
路面が、どんどん乾いていきます。コンパウンド的には、LOSIのREDのような感じになってきたので、迷ってテーパーピンを貼りました。あとは、リアのトレッドとバランスを取るため、フロントのトレッドを少し広げました。適当なスペーサがないので、止む終えずOリングを使ってみました...今度は、ミスをしないように心がけます。フロントトレッドを広げたのが
良かったのか、タイヤが良かったのかよくわかりませんが、変な挙動は無くなりました。ペースは、1回目とあまりかわりませんが、安定して走りきって、13秒ほどタイムアップしましたが順位は予想どおり、ダウンして19位となりました

予選3回目
とにかく、少しでも順位を上げたいので、頑張りたかったのですが、途中で、タイヤがはずれリタイヤ結局予選20位となりました

決勝
Cメインは、Dr、私、まことさんとグリッドがならんでいます。これは、チキチキレースの予感です。とにかくペースが遅いので、前に出ることが必須です。スタートは、普通のスタート。1コーナーへはアウトから入ります。よく覚えていませんが、トップのコワップ部長はそのまま逃げて、2位にまことさん、私、おくれてDrの順番だったかな? 1周目のジャンプ前のヘアピンで、私がまことさんをプッシュしてしまって、スタックするうちに2位浮上。すこし気が引けてほんのちょっと待って、2位のまま走行再開。必死に逃げますが、ジリジリと2台が追いついてきます。そのうち、離れていたコワップ部長との差も縮まりおもしろくなってきました。しかし、まことさんに追いつかれ、抜かれ、Drにも抜かれ、離されていきます。
ところが、またふたりが絡んでスタック。そこを抜けようとしましたが、突っ込んでしまいました。しばらく、2台に追いすがりましたが、ミス2回で、遠い存在になってしまいました。そのまま走りきりゴール

楽しいレースでした。DT-02でも結構レースは出来るものです。このつぎは、軽量化しかないですね これをすると、車の特性が変わるような気がするんですけどね....


☆2005年11月13日

加西で木枯らしレースレポです
少し早いのですが、加西では今年の締めくくりのレースです

今回の変更点は、ボールデフの投入です。また、リアホイルをレーザホイルを使用しているので、通常のナットではかかりが悪いので、フランジ無しの薄型に変更しました。

濃霧の中、加西につくと前日の雨と霧で結構ウェットな路面です。DT-02にとっては、路面グリップが上がるのは歓迎です。みんなでコースレイアウトを変更して、練習走行です。
タイヤは、フロント固定のLOSI EXTRA WIDE BODY RED!リアは、ホールショットM3を試走。まずまずなので、これで決定!

予選一回目
新レイアウトさほど、難しくなさそうなのでスタックしないように心がけてスタート! 若干のミスはあるものの想定内で順調に周回!ラップタイムもさほど差が無くいい感じです。そのままゴール!13周5分9秒で8位か9位くらい かなり良いですトップは、14周です。できれば、14周にいれたいと思いましたがLAPタイムをみるととてもとどきそうにはありません。

予選2回目
太陽が路面を照らして、かなり路面が乾いてきてます。タイヤは、ホールショットか、エビルか悩みましたが、1回目と同じでいきます。今回も慎重に集中して走ります。グリップも若干良くなくラップタイムもあがりません。ミスが少ない分1秒アップですが、順位は12位に後退。やっぱり...コレも想定内

予選3回目
昼ごろから、曇りとなり温度が下がりなおかつ路面も湿り気がでてきました。手持ちのタイヤで良さそうなのは、ホールショットR3しかないので、これに決定。スタートしてみると、グリップ感はかなり良く少しせめてみます。若干のミスはありましたが、なかなかの走りができました(レベルは低いですが...)。結果は、目標の14周にはとどきませんでしたが、13周5分2秒で9位。なんと8位とは、0.47秒でした。やはり、奇跡はおこりませんでした(^o^)V

決勝
決勝も予選3回目のタイヤと同じです。Bメインポールからのスタートですが、重量級DT-02はやばいのですが、案の定2番手のふぃるさんい先行されました。が、ふぃるさんがスタックして、再びトップへ、3位以降はスタートの混乱で少し離れているので、ガチンコ対決
です。しかし、あっというまにインをつかれて、離されて、ミスって、3位にそして、最終周のゴール直前で、N村さんにも抜かれて、4位でゴール今回も予選で力尽きたレースとなってしまいました。

今年最後のレースでなんとか、車とドライバーのポテンシャルをほぼ引き出せたと思います。とりあえず、これで加西でのDT-02は、一息つきたいと思います。遠征には、行きたいとおもいますけどね....

フロント
ダンパー   DF-02のオプションアルミダンパー(ピストン3穴)
オイル     LOSI #22.5
スプリング   DT-02標準(シルバー)
取付位置  上外、下内
スペーサー   6mm
タイヤ   LOSI エクストラワイドボディ RED(インナー付属)
ホイル   デザートゲイター用

リア
ダンパー   DF-02のオプションアルミダンパー(ピストン3穴)
オイル     LOSI #20
スプリング   DF-02 黄色
取付位置  上外、下内
スペーサー   無し
タイヤ   プロライン ホールショトM3(ヨコモ 16M)
ホイル   レーザーホイル

その他
・フロントサスアーム逆付け
・ボディ B4用インターセプター
・ウィング ヨコモごくらくウィング バナナ
・モーター ヨコモS-PROの缶に、PROSOCKの13Tのロータ
・デフ:ボールデフ
・フロントバンパー 思いっきりカット

20051116

|

« 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part2~ | トップページ | 今日から始めます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55403/841067

この記事へのトラックバック一覧です: 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part3~:

« 【過去記事】DT-02は、加西でどこまでいけるか?~レース編Part2~ | トップページ | 今日から始めます »