« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

GW 2日目 今日は加西

2006043003

















春も終わり、もう夏ですね

2006043002ということで、予定通り加西にいってきました
今日は、電車でGOです。GWとあって、空いていて快適でした。
10時半過ぎに加西に到着してみると、今日も結構な方々がいらっしゃいました。
おかわり’S、親子でぶんちゃん、(林+木)井さん、UBさん、最近通われているエキパな方、グラベラーズの面々等~

本日は、めずらしく2駆を中心に走らせました。タイヤは、タミヤのハイデンシティCを試しましたが、×でした。結局、フロントBK3リブレッドとリアBK-BARレッドで、ほとんど走りました。最近かなりいけていない走りをしていまして、少しでも改善をしたく、走りこみっぽく2006043001取り組んでみました。最終的には、効果的な走行は、最後の方の2~3本だけでしたが、自分なりにきづいたことが何点かありました。改善は、急にはできませんが、できるだけ修正できるよう考えたいと思います(考えるだけかよ!)
走行中以外は、心地よい日和だったので、昨日の整理をしながらのんびりと賑やかな加西を堪能しつつ一日をすごしました。

帰りは、ラッキーなことに、(林+木)井さん家まで送っていただきました。
少々疲れ気味だったので、大変助かりましたぁ
ありがとうございました m(_ _)m

明日は、仕事です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

桜井サーキット

GWが始まりました。
第1日目の今日は、奈良の桜井サーキットにふぃるさんとm6さんとはっしんさんと行ってきました。私は、2回目です。

コースに着くと先客が、局長がいらっしゃってました。それもちっちゃいかえる君を走らしてました。ほしくなってきました!

あとで、コース管理人のよっしんさんも登場!


コースは、こんな感じ~
2006042902
操縦台からみると、左に少し傾いていて、中央に三連と二連ジャンプがあります。こいつは、結構パワーが無いと届きません! 慣れるのに少し時間が掛かりました。やはり、あまり飛んでないとこうなるですね。
路面は、少しやからめでしっかりしたピンのあるタイヤが良いようです。私は、タミヤのハイデンシティCとステップピンで走りました。ステップピンは結構いい感じでした。

今日の車たちです
20060429 やはり、ミニインファーノは楽しいですね~ バッテリーが元気のときは、コイツでも三連も2連も飛べちゃいます






2006042901_1 あとは、チキチキです







明日は、加西の予定です

GWの予定
29日 桜井サーキット(奈良)
30日 加西
 1日 仕事
 2日 K藤サーキット(ふぃるさんと)
 3日 加西
 4日 オフ
 5日 あひる
 6日 未定
 7日 未定

| | コメント (3) | トラックバック (0)

明日

29日は、桜井サーキットです でも、まだ帰れません
ふぃるさん、明日起こしてください

今帰ってきました am2:00
今から、充電開始です.....

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

ひとりごと

ダークインパクト(DF-03)ですけど、オプション発売遅いな〜 国内でも、6月の新製品情報に出てるけど、出荷7月って..... それも、ワンウェイはまだだし....ユニバは?....

ダートチューンモーターは、タミグラには必須なんだろうな

しかたないので真剣に、ワンウェイを付けることにするか? まずは、センターワンウェイを検討するとしよう! ZX−5のがはまれば、あとはシャフトだけになるけど....

29日の天気少し良くなった...

追記
ZX-5のワンウェイは、サイズがあいませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの予定

もうすぐ、ゴールデンウィークですね
私は、5月1日は出勤ですがそれ以外は休みです

今入っている予定は、29日の桜井サーキットに行くのと5日のあひる春の陣2006です。時間が都合つけば、加西に行きたいと思ってます。

あひる用の完全防水のマシンも用意しないと....
とりあえず、1台ボディ作成しました。
無制限クラス カツカツマシンといっておきましょうか?

20060426






今回は、切ったりつないだりは、してませんよ!
2003年は、これでした
2006042601







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

サンマリノグランプリ

ついに始まりましたヨーロッパラウンド。各チームの進歩度合いが気になるところです。新デバイスを投入したチーム、できなかったチームと様々でしたが結果からいうと勢力図はあまり変化がなかったようですね。 あまり情報収集していないので、レースの結果を主に判断してますけど...

全体の感想からいうと、アロンソ「速いぜ!」という感じ。優勝は、地元のフェラーリ、M.シューマッハが獲得しましたが、後半はアロンソにツツカレまくりでした。今回のサーキットは、道幅が狭く追い抜きが困難なので、なんとか最後までトップを守ることができたのでしょう。フェラーリチームは、終始アロンソの前に出ることができたことが、全てだったと思います。今回フェラーリは、ほぼ完璧な仕事でした。

ホンダ 速さはありますが、なんか全然ダメですね なんかスマートさが全くなくドタバタやっている感じ。チームをびしっとまとめる人がいないのかな? かならず、レース中のどっかで、致命的なミスが出る。なんかわざとやってるように見えてくるよ。早急に改善をお願いしたいですね。バリチェロもまだまだだね!

トヨタ カズコインを更迭して、自宅待機に。まぁ、ガスコインの仕事は組織の改善が主たる仕事と考えればこれでいいんだけど....金払いすぎだよね。車のレベルは、やっと昨年のポジションには返ってきたのんじゃ無いでしょうか? これじゃ優勝は絶対無理ですけどね!それにもてもトゥルーリは流れが悪いね〜 昨年中盤くらいからずっと続いてるので、いいかげん良い方向へ向かってもいいんですけどね。今回、ラルフと少しあったみたいだけど、問題にならなきゃいいけど.....TF−106Bは、本当に速いのか?

アグリ 井出君、最悪。これ以上立場が悪くならないように祈ってます( ̄人 ̄) 今回事前テストを行ったけど、トラブルつづきで結局アップデートパーツの確認ができずに、変更せずに今回を向かえたようですね カラーリングを変えただけじゃ、やっぱ 速くなりませんでした。早くSA06を投入しないと....予選では、ミッドランドにあと少しとなってますけどね

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月22日 (土)

急遽 加西

今日は、まことさんのご好意で、いったんあきらめた加西に行ってきました

出席者は、すっかりBXなぶ~様、hikoさん、UBさん、m6さん、青い服コンビさんたちとしずかなロッシな方とDF-03な方々とそれなりに、にぎわってました。

今日は、主にm6さんとのミーティングを主に少しラジコンをしました....
やっぱ、ミニインファーノが私の中では、旬ですね
DF-03は、やっぱワンウェイがほしいです

帰ってから、あひる春の陣2006に申し込みました
無制限クラスとミニラリーです
今日から、あわてて準備開始です
少しは、ひねったものを持っていかないと...ネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

週末の予定

今週末の予定は、スケジュールの関係で日曜日を予定していたのですが、天気が悪そうなので...困った。土曜日に行くには、少しばかり調整がいるのと、天気が心配です。基本は、電車でGOなので、雨が降るととてもいやな状態になるので、完全に大丈夫じゃないと出撃したくないのですよ。今の時点では、大丈夫そうなんだけど、ここのところ朝目が覚めると悪化していることが多いので.....

仕事から帰ったら、どうするか考えます

ところで、GWがやってくるんですけど、今年は、全く暇なので、じっくり走り込もうと思ってます。 実家から通おうと思ったりしてます。29日は、桜井の予定です。天気よければ、いいのですが…

そういえば、あひるはこの春の陣2006でおしまいになっちゃうんですね。残念ですね。一回だけ、参加を試みましたが見事に雨にやられました。個人的には、こういうイベント好きなんですけどねぇ〜 まぁ、珍しい車が有る訳でもないので、皆さんが楽しんでいるのを遠くから見守ることにします。 京都のジムニストの方は、参加されるんですかね?

日曜日は、やることがなければ、ダークインパクトのワンウェイ適用でも考えるかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

これはいつ?

20060419









DF-03のオプションは、いつなんだろう?
でも、こんなんよりもワンウェイがほしいな...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

成分分析

ちまたで、はやっている成分分析なるものをやってみた

SHOの成分解析結果 :

SHOの55%はスライムで出来ています。
SHOの42%はで出来ています。
SHOの2%は媚びで出来ています。
SHOの1%は純金で出来ています。

スライムって....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

フォーミュラーニッポン第2戦

さっき書いたように、今日は家の片づけをしながら、フォーミュラーニッポン(FN)の第2戦鈴鹿を見てました。かなり激しい展開となり、見ごたえ充分でした。

P
予選は、ウェットから乾いていく状況で確実の路面状況を把握したチームが上位にきました。なかでも、チームインパルは第1戦と同様に強さを見せました。
予選上位は、こんなかんじ(左)


決勝は、第1戦が雨でフォーメーションラップ2周で終了したため、事実上の開幕戦となります。路面は、ドライ。波乱は、スタートから!ポールのトレルイエがロケットダッシュを決める中、2位のあの本山がエンジンストール。後続も影響され、順位は大荒れ、序盤の順位は、トレルイエ、ロッテラー、ビルドハイム、松田と続きます。とにかくトレルイエが速くついていけるのは、ロッテラーのみでしたが、そのロッテラーも離されていき、単独走行なっったときにフライングのペナルティがトレルイエに! その直後、今度はロッテラーの右リアがバースト! ビルドハイムがトップに、しかしビルドハイムのペースはあがらず、数台が数珠つなきに 接近戦はそのままにつづき中盤から終盤にかけて、天気が悪くなり雨が、給油とタイヤ交換のピットインそして、雨がかさなり、それはそれは、混乱となりました。最後にトップチェッカーを受けたのは、PIAAのデュバルでした。2位は、ビルドハイム。3位は、トレルイエでした。

チームインパル強しといわれましたが、今回は運が無く。PIAA NAKAJIMAの作戦に敗れました。今回のレースで再認識したのは、速いと強いは違ういうこと、世界で成績を残しているドライバーは、荒れれば荒れるほど、確実に前にくるということですね。トレルイエは、速いけど強いとは少し違うと感じていることが、そのまま現れたようなきがします。その点、デュバル・ビルドハイムは、さすがだな。トレルイエが世界にいけない理由がここにあるような気がします。

台数が増え、ニューカマーが増えているFN今年は、去年以上に面白そうです

Fn2006_002_1 結果です


| | コメント (2) | トラックバック (1)

雨が....

昨日は、和歌山の予定でしたが、雨で中止に

花粉症で、鼻と目をやられて、調子も悪いので、のんびりと過ごしました

今日は、フォーミュラーニッポンでも見ながら、いろいろとたまっていること片付けますかね

追記
エンルートのESCの設定は、難しいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

ひとりごと

今週は、土曜日に和歌山に行く予定です
前回、雨であきらめたTMサーキットに行ってきます
そして、ブラシレスミニインファーノでチキチキです
楽しみです

その前に、明日、めんどくさいなぁ~

うちの上司のせいで、客の大芝刈りに出ることになってしまった。
くそっ やることがイッパイあるんだよ
他の客から、クレームきても知らんぞ~

しかし、最近はテキストなブログになっとる
もう少し気合いれます

早くセンターモーターコンバージョンでんのかなぁ~

トリトメナイひとりごとでした

| | コメント (2) | トラックバック (1)

スーパーGT第2戦

今日は、スーパーGTです

この前の日曜日(9日)スーパーGT第2戦が岡山で開催されました。
第1戦の鈴鹿では、予想外のレクサスSC430の活躍で幕を閉じましたが、ここ岡山は、Zが得意とするコース、当然NSXも間違いなく速いと予想できます。ここで、SC430は走れるのかが、興味のひとつでした。

始まってみると、NSXがどのチームも速く!特に、崖っぷちの道上選手のTAKATA童夢NSXが、抜群に速い。その後にZが続き、その後にSC430と言う感じ。予選の総合結果は、スーパーラップの良し悪しがあるので、少し違いますが概ね上の順番のようです。今回の調子のいいチームは、NSXは、TAKATA、RAYBRIG。Zは、イエローハット、モチュール、カルソ。SC430は、ZENTのみ。ウェイトを30~40kg以上だと少し厳しいようです。ARTA NSXは、ウェイト40kgに加えうまくセットアップが行かずチーム内のやり取りも少し問題があったりしたようです。前回優勝したTOM’S SC430は、ウェイト60kgが効いてイマイチ。

決勝レースは、スタートで3台が絡むアクシデントが発生。あのザナヴィZが巻き込まれ、15周でリタイヤとなりました。レースは、TAKATA童夢NSXがドンドン逃げ、そのまま逃げ切ってしまいました。ほぼ完璧なレースだったと思います。2位は、RAYBRIG NSX。3位は、モチュールZでした。実は、ZENT SC430の立川選手がすばらしい走りを見せ、2位を走っていたのですが、本人に覚えがない黄旗区間追い越しを取られペナルティで後退。かなり挽回しましたが、5位で終了。立川選手は、決勝終盤が勝負とみて、決勝の朝の練習走行で古いタイヤで、後半に速く走れるようにセットしたそうです。立川は、やはりすごいヤツです。

NSXもZもSCもチームによって、差があるようですね。特にSCは、顕著なような気がします。開発途中の車でもあるので、しかたないですけどね。
今回、優勝したTAKATAは、ポールポジション、優勝、ベストラップの全て記録し、前回のウェイト20kgもあり、次のレースは、90kgになります。

次は、富士です。ここは、何が何でもトヨタが頑張ります。NSXとZは、あの長い直線をどう戦う!3メーカーの戦いは、まだまだ続きます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月12日 (水)

一次予選その2の感想

月曜、火曜と少し帰宅が遅くなり更新ができませんでした

9日の1次予選の感想を少しばかり

とにかく参加人数が、多かったですね。2駆32名、4駆27名 このぐらい集まると結構雰囲気が変わるもんですね。カツカツ度、50%UPっという感じでしょうか?でも、人数が多いことで、ダブルエントリーでも結構時間的な余裕がありました。

まずは、2駆。いつものようにB4で参加。今年おろしたファクトリーキットです。
今回も、少し足りない感じの結果となりました。リアのグリップの無さと、スムーズに走れない技術の無さですね(笑)。実力といえばそうなんですけど 結果は、18位でした。
あまり、やらない努力が必要となってきました。

4駆 ZX-5は、車的にはいい感じでした。どうも走らせ方に問題があるんでしょうね。予選1回目タイヤをはずした他は、とくに問題があったわけでは無いので、もう少しタイムを出さないといけないんですけど、同じヒート走った方のプレッシャーに負けました。タイムは勝ちまししたけど。結局11位でした。

2駆、4駆とも自分なりに、良い・悪いを整理して、できるだけ修正して、2次予選を迎えたいと思います......って、こんなの私じゃないな


終了後、暗くなっていく中、DF-03を走らせました。前回との変更は、ユニバとダンパーオイル。タイヤは、ハイデンシティC(インナー16M)です。予想以上に走りますね。当然、フルタイム4駆なので、タイトなコーナーは、厳しいですが、少し手をいれれば、普通に走れそうです。シリーズ戦への参戦は、ワンウェイ次第です。

最後に、BXよく走りますね~ 感心しました。ほしいと思う方がいれば、これは買いです。高いのが難点ですけど 私は、ZX-5で行きます。BXは、買いません。っと書いておきます。迷うので...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 9日 (日)

1次予選 その2

本日は、全日本1次予選でしたぁ~

とても珍しく、かなり賑わいました

こんなかんじ

20060409




















成績は、実力に見合ったものでした

ただし、帰宅後、鼻水と赤い目に手を焼いています....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

明日は、1次予選その2です

年度の始めは、いろいろとあり、更新ができませんでした

昨日も長~い会議の後、歓送迎会があり、メロメロで帰宅となりました

今から、明日の準備にかかりたいと思います

4駆は、2台もっていきますよ~



ただいま、作業中ですが、
B4のダンパーの長さが違うんですよ
短い方を伸ばしても延びないし、
よーく見てみると

ガーン!

ダンパーケースが.....
20060408







変形してる....ダンパーシャフトも曲がってる....



明日は、この3台を持っていきます
1本ダンパーついてませんが....
2006040801






| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月 4日 (火)

どうした俺

3月27日に書いた4駆への迷いですが、決めました

・我慢する

です。BXもBJ4WEも購入はやめました。
いろいろとありまして、ZX-5で続けることにします。

2006040401 BXもBJ4WEもすばらしい動きをします。あんな動きはZX-5には、出来ないと思いますが、いろいろと手をいれていきたいと思います。とりあえず第1段は、アルミ製のダンパーステーマウントです。ダンパーステーも前に買っておいた、ファイブスターのカーボン製に交換してみました。これで、耐久性は上り少々のことでは、壊れません。次は、センターモーターにするやつを狙ってます。
早く、発売してくれ~

2006040402 今のZX-5は、バラバラです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

DF-03は、加西でどこまでいける?(シェイクダウンを終えて)

ダークインパクト(DF-03)の気になるところ少し

20060403_f まず、ユニバの着装です
いろんなところで、DF-02にユニバをつけているようなので、私もトライしてみました。ただし、DF-02用は少しもったいないので、同じ長さのサンダーショット用をつけてみました。フロント、リアとも問題さなそうです。つけた状態は、画像を参照ください。
(リアは、ギアカバーとギリギリなので、要注意です)

20060403_r







20060403_deff あと、デフがしっくりこないと書きましたが、なんとなく理由がわかったような気がします。
リアデフの構成が、デフジョイントとデフハウジングプレートを組み合わせて、デフプレートとボールをおさえるですが、このデフジョイントは金属で、デフハウジングプレートが樹脂なんです、この樹脂の硬さや精度がしっくり来ない原因でしょう。え~、面倒なのでこのままでいきます.....が、気が向いたら、少しさわってみたいと思います。

あと、ギアを確認してみましたが、特に問題は無いようです。もう少し耐久テストを続けます。

今日は、ここまです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

F1オーストラリアGP

F1第3戦オーストリアGPは、波瀾のレースとなりました。どうやら原因は、開催時期の変更により路面温度にあるようです。今までの日程より、約1ヶ月遅れで開催されたため予想以上に気温が低く、温度管理がシビアになったタイヤも起因して、発熱不足が結構あったようです。そのんな状況の中で、ルノーのF.アロンソだけがすばらしい走りを見せ、余裕の勝利を飾りました。アロンソ+ルノーは、ホント強い!

それでは、勝手気ままにコメントします。 まず、ホンダ バトンは、見事な予選でポールポジションを獲得。ここまでは、良かったのだけれども決勝では、セーフティカー(SC)が出た後の再スタートで、順位をどんどん落としていきましたね。その再スタートを見て、テレビ中継解説の森脇さんが思わず「バトン!下手くそ!」と言ってしまう程の状況でした。原因は、タイヤの温度が適温に上がらなかったことにみたいですね。でも、他のチームがそれほどでもなかったので、またまたホンダは肝心なところで、ミスをしてしまいました。この辺が、上位チームとの差ですね。おまけに、最後の最後で激しくエンジンブロー、完走できたのに次のレースでグリッド10番降格を嫌がってフニッシュをせずに終えました。う〜ん、これもどうなんでしょうか? それと、もうひとりの人はいったいどうしたんでしょうか? ブレーキが不調というのだけれど、バトンと同じシステムなんですよね? 特別なブレーキを試している訳では無いですよね? このままでは、ストレスで髪の毛無くなっちゃいますよ〜 2台が機能しないと バトンの優勝は難しいと思ます。

次は、トヨタ 今回は、ソフトタイヤを使用したみたいですね。これは、いいことなのでしょうか?どう判断したらいいか迷ってしまいます。でも、ソフトタイヤのおかげで、マシンのパフォーマンスを出せるようになり、予選でも最後まで残ったし、決勝もラルフが3位表彰台をゲットしました。これは、ラルフの力量によりところが大きいとですね。ヤルノ君は、デビットの野郎にやられて1周もできずにリタイヤ。今年は、運はラルフの方に傾いているようです。今回の3位は、タナボタだからダメだと言う方もいらっしゃいますが、私は評価してもいいと思ってます。今回のような荒れたレース程、きっちりまとめて完走することが重要と思います。この地味な展開は、トヨタの社風にもあっているような気もしますけどね。これで、少しTF−106Bが楽しみになってきました。

それ以外もチームもタイヤの温度に苦しんだようです。マクラーレンのふたりもこれで苦しみました。モントーヤは、フォーメンションラップでスピンと終盤最終コーナー出口で飛び出し、リタイア。ライコネンは、バトンを抜くときにブレーキングでフラットスポットをフロント右につくってしまい。それが原因でフロントウィングを破損して、アロンソは追えず2位になってしまいました。そのほかも、マッサ、ニコ、クリエン、ウェバー、リウッツィ、モンテイロ,そして,M.シューマッハまでもリタイアとなりました。

次は、ヨーロッパに帰ってきます。これでやっと、各チームが今までのデータをふまえて調整する時間が少しできます。各チームの腕の見せ所ですね。楽しみです。

相変わらず、SAF1を除いた日本チームへのコメントとなってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月 2日 (日)

DF-03は、加西でどこまでいける?(シェイクダウン)

昨日の土曜日、ダークインパクトこと(DF-03)を加西でシェイクダウンしてきました

車の仕様は、「組立編」で書いたように、キットに六角ハブとサーボセイバーを交換したのみ。モーターは、DT-02につけていた13ターン(ダブル)です。

タイヤは、キット標準(インナーは、ヨコモ16Mに交換)でコースイン!

20060402_before ダンパーのセットが、DT-02のままなので柔らかいのと、タイヤがグリップしていません。とにかく動かすのが先なので、そのまま走らせます。車の動きそのものは、特別変な動きも無く普通です。舵角も問題ありませんし、車重も重くないですし、ただし、シャーシの剛性が無いのは、わかります。まぁ、それは想定範囲内です!前回のDF-02に比べれば、格段にレベルアップしています!
ピットインして、まずタイヤをレーザー用のタイヤを使って、前後ホールショットM3に交換します!再度コースイン、グリップもあがり走りやすくなりました。セットがあっていないので、走りずらい状況ですがとにかく続けます。途中スタックして、自力で脱出を試みてるうちに、リアの左のドックボーンが外れました。

再度ピットインして、オイル交換をします。何が入っているのか忘れたので、とりあえず前#450、後#500にします。ダンパー長の調整もする予定でしたが、リアだけ調整せずに組んでしましました。めんどうなので、そのままです。フロントは、中に2ミリのスペーサを入れます。そして、コースイン!リアが固めですが格段に動きはよくなり、一段と普通の動きとなりました。リアが硬いせいか、時々異常な動きをしますがとにかく走行を続けます。今度は、デフが緩んで終了です。
20060402_koron



デフを締めなおして、再度走行開始。ギアの耐久性も確認したいので、激しく走ります。今日は、2パックで終了です。(来週のレースの調整もありますので...)

今日の時点での感想は、
まずは、全然普通な感じですね。まぁ、専用設計でもあるので当然でしょうけど、しかっりセットすれば、レースでも結構楽しめそうです。気なるところは、やはり、シャーシ剛性これは、しかたないですけどキビキビした動きは、少し難しいですね。あとリアウィングの位置!これは、少し低いと思うんですけど... 後は、ドッグボーンを交換しないといけませんね

次への作業は、まず、ユニバーサルジョイントへの交換(DF-02用がつかえるか?)とデフのボールを交換した上でで、セットをつめて行きたいと思います
20060402_00




| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年4月 1日 (土)

DF-03は、加西でどこまでいける?(組立編)

本日、ダークインパクト(DF-03)をシェイクダウンしてきました。予想通りに、普通に走りますね セットをしっかりすれば、そこそこ走れる感じです。そこで、タミヤ製バギー加西挑戦シリーズPart3「DF-03は、加西でどこまでいける?」を始めたいと思います。レース参戦は、シリーズ戦からになると思いますが、よろしくお願いします。今日の詳細は、後日ということで、まずは組立編からです。

<組立編>
20060401_1
29日入荷の連絡を受け、スケジュールがキャンセルになったので早めに取りに行き、早速組立開始。フルベアと書いてあったので、追加購入は、5ミリの六角ハブとスペーサだけです。

パッケージを開け、各パーツを確認。シャーシやダンパーステー等は、デザートゲイターなんかと同じ光沢のある樹脂、ただし、サスアームだけは違うかなり固めのもの、あとはギア類がいままであまり見たこと無いもので、白いものでした。強度が気になります....

20060401r_deff まずは、取説通りにリアギアボックスまわりです。リアのボールデフは、画像のとおりDT- 02やDF-02のようなタミヤ特有のものではなく、普通のタイプです(デフギアは、特有ですけど)。これは、いいですねぇ~ 組立てると、いまいちしっかりと組めません。ボールなのかデフギアなのよくわかりませんがとりあえずは、このままにします。

20060401r_grbox その後リアギアボックスに取り付け、各ギアを組み込んでいきます。(ギア類は、メインシャフトのギ アだけが金属で、それ以外は樹脂です)。ここで気になることは、メインシャフトにスパーがつくのですが、このあたりの構造が、明らかにスリッパーがつく構造になってます。早く出してほしいな~?



20060401f_deff フロントの方は、通常のシャフトドライブ車の構造で、見た目はF201のような感じもします。デフは、こっちの方がしかっりしているので、リアデフの違和感はデフギアのせいかな?

20060401chacee シャーシは、幅は狭く2駆の様なデザイン。バッテリは、中央縦に下部から装備します。バラセルが積めるかどうか心配だったのですが、リア側に穴を開けるとなんとかなりそうです。

20060401front ダンパーステーは、樹脂性で剛性が足りませんが、これはこれで折れにくいので、まぁいいとしましょう。ここでのポイントは、フロントダンパーステーに、リアと同じウィングステーがつきウィングがつけることができます。また、テストはしたいと思います。スキッドは、サスアーム取り付ける台座にスキッドがついており、その上にフロントギアボックスを載せるに取り付ける形です。ステアリングワイパーも通常のしくみで、コンパクトにまとめてあります。ガタも少なくて、イイ感じです。ただし、フルベアとパッケージに書いておきながら、支持に850のメタルが4個入ってます。850のベアリングは、あったほうがいいかも知れません。でも、ここもそのうちに、青いアルミのステアリングワイパーが出ると思いますけどね

20060401_all
後は、一気に組み上げて完成です。

変更点は、六角ハブにアルミの5ミリ厚のものを使ったのと、サーボセイバーをヨコモ製に替えたのとダンパーをDF-02の時に購入したものを使用しました。画像は、サーボセイバーに京商製のものがついてますが、これではボディに干渉しますので、NGです

走行させる上で気になるのは、前後のドライブシャフト(ドッグボーン)ですね。これは、できればユニバにしたいですね。

とにかくまずは、シェイクダウンしてきます

20060401_kansei_1 <つづく>

追記
画像がおかしかったようですね
すいませんでした



| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »