« 予選でした | トップページ | 本当は »

2006年5月29日 (月)

こんな予選はじめてでした

昨日(2006年5月28日)に、「俺達の全日本2006国内最終予選」と同時開催されたJMRCA全日本の2次予選(1/10EPオフ)の模様を少しばかり

今年は、例年に無くとても厳しい予選となりました。通常十数名の通過枠なのですが、今回は10名!なおかつ、世界戦も見据えてただもんじゃない参加者が増加という状況。

参加者は、2駆18名 4駆19名。
私は、4駆に集中して通過を狙いました。

コースレイアウトは、大きく変更され、ミスの多かった横方向の2連のテーブルトップは姿を消し、やや高速よりのものに、画像は昨日のものないのでそれでガマンください。私にとっては、良いレイアウト変更でした。

まず2駆(簡単に)
前日に、ダンパーだけメンテ少しOリングが渋かったのですが、めっさ疲れていたのでそのままに、2駆は根本的に不調な原因がつかめるまで、速くはならないので......あまりやる気がなし、止む終えず! 

重大なミスが発覚!2次予選というのに、B4用のリアタイヤを忘れてきましたo(ToT)o
ここで、すでに終了です

予備タイヤもLOSIのレッドコンパウンドを想定していたので、プロラインM3コンパウンドはなし。UBさんに借りてとりあえず、ホーショットM3を確保。
走りも、そんな状況も反映して、かなり遅い。その上、ミスを連発して10位はほど遠い状況で終了。ミスなしで、権利があるかないかギリギリの状況でした。

四駆
まずは、練習走行。タイヤは、前後ホールショットM3。感じは、少し前に出ていないような感じですが、全般的には曲がっているし、問題なさそうです が、途中でピニオンが外れました

予選1回目
デフのスベリをチェックして、セット・タイヤはさわらずそのまま走行。ミスをせずに完走するのが、重要なので少し押さえ気味で、走行開始。以外に速そうです。ベストも19秒台!
前に車にも離されずに走れます が、ミスを3,4回して終了。15周になんとかギリギリ入り。この時点では、7位!予想外の結果。

予選2回目
モーターを研磨して、セット・タイヤは今回も変えずに走行。今回は、ミスをしないところは、少しプッシュして、ミスしそうなところは安全にいって(安全すぎたかも?)、10秒ほどアップするが、全体的にタイムが上がって、10位にダウン。う~ん、やばい!
タイム的には、ミスせずに2~3秒アップするのが、精一杯!

予選3回目
前の組の森○さんが、タイムアップしてすでに11位。あとが無くなりました。スリッパを少ししめて、気合をいれます。抑えて走るのはやめ、100%でいきます。スタートして早速ミス! まだまだ、いける。前の車においついて、操縦台前のちっちゃい2連を少しスロットルを抜いてとんだら、転倒。......終了! 後は、120%ぐらいで走りますが、当然タイムアップすることなく終了 あとで、考えると路面が良くなっていたので、

最終的には、もう一方抜かれて、たぶん12位だったと思われます

予選通過はできませんでしたが、ZX-5がとてもよく走ることが確認できました。私の実力を加味(マイナス)すると、このレイアウトだと、充分戦える車だと判断ができました。センターモーターコンンバージョンが楽しみです

ZX-5のセットアップシートも載せておきます
(走るかどうかは、保証できませんけど)
Zx5setting_sheet_sho_20060528













少し、気が抜けてしまいましたが、「オレぜん2006」もタミグラも他のレースもあますし、まだまだ、やりますよ~ 次は、ダーパクです

|

« 予選でした | トップページ | 本当は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55403/1988430

この記事へのトラックバック一覧です: こんな予選はじめてでした:

» 人相学 [数学教師]
以前占いの番組で“鼻の形はオチンチンに比例する”と人相学の先生が言うのを見てから、私は男の子の鼻をチェックしてしまうのが癖になってしまいましたw [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 15時58分

» 2ショットチャット [チャットレディとのおしゃれな関係]
2ショットチャットは2人だけでチャットをすることです。それに対して大勢の人とチャットをするしくみをパーティチャットといいます。ライブチャットサイトにもよりますが、一般的には2ショットチャットの価格はパーティチャットよりも高くなります。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 12時31分

» Christopher A. [Christopher A.]
In comparing various authors with one another, I have discovered that some of the gravest and latest writers have transcribed, word for word, from former works, without making acknowledgment. [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 01時09分

« 予選でした | トップページ | 本当は »