« センターワンウェイ | トップページ | ヨーロッパでは、きな臭い動き »

2006年5月10日 (水)

センターワンウェイ その2

かなりいい加減なセンターワェイ装着作業の巻

DF-03のセンターワンウェイに再度挑戦しました。

用意したものは、

1)内径5mm、外形6mmのパイプ
2)6mmのワンウェイ
3)2mmのピン

2006051001まずは、リヤ側のセンターシャフトのプロペラジョイントを取り出します
次に、MH2のベベルギアをはずして、不要部品のもうひとつのベベルギアを取り付けます。このベベルギアには、6mmのワンウェイ(径はピッタリサイズ)をいれておきます。
ベベルシャフトは、5mmなので6mmのワンウェイには、あわないのでここで、1)のパイプを適当に切って使います。そのままだと、2006051002 固定できないので、2mmの穴をあけて、2mmのピンで固定します。これで、センターワンウェイの完成です。






実は、元のベベルギアと不要部品のベベルギアとでは、不要部品の方が歯の部分の厚みがあります。そのままだと取り付けられません、私は、プロペラジョイント側のベアリングを固定しているEリングを取り外して調整しました

2006051003







かなり、いい加減な作業なので、もしやってみようという方がいらっしゃるなら、充分クリアランスや各部品の長さ大きさに注意して作業してください

|

« センターワンウェイ | トップページ | ヨーロッパでは、きな臭い動き »

コメント

いろいろと、ネットで調べてみると、センターワンウェイにTA03のトルクスプリッターの物を使用している方がいる見たいですね。5mmのワンウェイなんだろうか?

投稿: SHO@管理人 | 2006年5月11日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55403/1750805

この記事へのトラックバック一覧です: センターワンウェイ その2:

« センターワンウェイ | トップページ | ヨーロッパでは、きな臭い動き »