« 加西 2008公式戦第6戦 | トップページ | チャンス »

2008年10月14日 (火)

日本GPひとりごと

では、F1日本GPの感想などをグダグダと

今年の日本GPは、個人的には面白い内容でした

シンガポールに引き続きアロンソが2連勝なんて〜 信じられない
おまけに、ハミルトン無得点、マッサ7位でチョット差が詰まって、チャンピオン争いも面白いことに

では、振り返りまして.....スタート後の1コーナー ライコネンが抜群のスタートでハミルトンをリード!ハミルトンは、ブレーキングを遅らして..... ライコネンのインに飛ぶ込むぅ〜 が、フロントロック そのまま直進!
ライコネン これじゃ 曲がれねぇ
マッサもお前ら邪魔ぁ〜
って感じになって、グジャグジャに

ハミルトンは、なぜそんなに......
いずれにせよこれで、タイヤにフラットスポットを作って、ペナルティを受けることになった 致命的ですね

それに比べチャンピオン争いに絡めていないライコネンは冷静でしたね

それとは別にこのグジャグジャに巻き込まれた人
①我等のティモは、トロロ軍団セバスチャンズのどちらかにサイドアタックをくらって....なんか壊れてリタイア(残念)
シートが壊れたらしいんですが.....
②ターン3手前あたりで先生がまたまたトロロ軍団の誰かにぶつけられて、そのままコースアウト(バリアに衝突)!
この時に、一貴のノーズをかすめたもんだからフロントウィングがなくなりました

この隙間をぬって、クビサ、アロンソが逃げ逃げ大作戦に

ハミルトンには、まだ災難が....2周目のダンロップコーナー(ターン10)で、マッサのミスを見逃さず、ハミがインに飛び込んだが、マッサもすかさず、次のターンでハミのインにややむりくりに飛び込む
ハミもインを締めた結果、ド〜ン ハミクルリン

これで、マッサも ドライブルスルーペナルティを受ける

ふたりとも大きく後退

1コーナーでハミの後ろにいた、ヘイキ君は、3位
でも、エンジンが壊れて、マクラーレン最悪

ヤル〜ノは、4位走行 いつもの様にペース上がらず
(だから、ティモのリタイアが.....)

ライコネンもそれほど、 タイム上がらず

ほぼ、前半で興味は、アロンソとクビサの対決に

結果は、アロンソの連勝 ピケも4位に入りルノー終盤にきて、上り調子
(アロンソ 2スティント目速かった)

クビサもライコネンの猛追をなんとかかわして2位

今回の富士は、想定したよりも少しばかり温度が低かったようで
それでか、フェラーリとトヨタは期待したほどパフォーマンス上がらず、後半少しばかり水をさした様な展開であった

でもこれで、チャンピオン争いは、面白くなってきた

最近、接触時の裁定についてとやかくいってる人がいるけど、F1なんてはなから公平なレースではないんだから、いまさら何をいってるのって感じです。
今は、フェラーリ贔屓になっているので、敵は当然、マクラーレン(ハミルトン)ということになります
残り2戦 みんなを敵にまわしてハミルトンチャンピオン取れる? 今までのチャンピンはとって来たよ

あと、ハミルトンのドライビングも話題になっている。危ないといわれてます。たしかに、前の車を抜くときにコースから押し出す様な場面が、幾度か見受けられた。昔と違って、今は安全を重視しているし、昔ほどキャラの立ったドライバーがいない今、ハミルトンだからしかたない っとはならないでしょうね
全方位に気を使わないとまだまだ嫌な思いをいっぱいするぞ

前にも書きましたが、個人的には、ハミは嫌いです
とにかくコイツ可愛げが無いんだよね なんか腹立つんです

昔(80年以降くらいでも)は、結構面白いドライバーが多かった
シェクターもプロストもマンセルもセナもM.シューマッハもみんな危ないって言われたんだ。最後まで危なかったのは、マンセルだけだけどね

さぁ、中国はどうなる

|

« 加西 2008公式戦第6戦 | トップページ | チャンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加西 2008公式戦第6戦 | トップページ | チャンス »