« 明石 新レイアウト  | トップページ | 3連 »

2010年1月17日 (日)

今日も明石

今日もレイアウト変更した明石に行ってきました


試したり、指摘を受けながら、若干修正しました

修正その1
操縦台前ストレートを少し手前に広げました
こんな感じ
20100117001

修正その2
右の3連とそのアプローチ
回り込みながらアプローチしていたのを、90度ターンにして真っ直ぐアプローチしやすくなるように変更。3連そのものも、盛りなおし



修正その3
中の2連も距離を若干短く(2駆、4駆はさほど問題ないのですが、ショートコーストラックが少し厳しいためです)
20100117003


今回のレイアウトの危険ポイントは、右の3連と中の2連

特に右の3連は、要注意です

ここは、ひとつ目とふたつ目が少し離れているジャンプです

走り方は、1+1+1、2+1、1+2、3 ありますが、多くは2+1でクリアしています。中には、3つ一気に飛んでいる方もいらっしゃいますが、アプローチでミスすると、3つ目の斜面に激突し破損する確率が高くなりますので、十分注意してください。

ひとつめのジャンプは、アウト(右)側の方が安定して飛べるようです。ジャンプのイメージ(悪までイメージデスヨ 責任は持ちません)は、2+1は、アプローチで速度にのせてハーフスロットルぐらいで、2つ目の斜面にあわせてそのままスロットルを戻さずに3つ目を超えるとイイ感じだと思います。
3つイッキにの場合は、手前の90度ターンから、速度を落とさない様に曲がり、ひとつ目のアウト(右)側めざし真っ直ぐアプローチし、一気に飛びます。うまく加速できれば、全開でなくても3つ超えれるはずです。当然タイヤは、良い状態でないと危ないです



中の2連は、キョリは十分なので斜面に落とす練習をしてください
斜面に落とすと、着地後の右ターンが小さく回れますので、タイムアップ間違いなしです。ただしキョリをあわせようとスロットルを抜きすぎると、受け側のジャンプに激突!即破損となります。自信が無いときは、飛びきってください


できるだけ無理をせずに、自分の距離感を掴むのが、レースでのタイムアップのポイントです。

レースまであと少し、頑張りましょう

|

« 明石 新レイアウト  | トップページ | 3連 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石 新レイアウト  | トップページ | 3連 »