« コース改修 | トップページ | やってきましたライオンくん »

2010年2月18日 (木)

久しぶりにS-GT

琢磨ちゃん、インディ決定ですね G.バッサーよろしくね

F1は、本当に、ステファンGPが走るかも? って感じになってきました

本日は、S-GTを少し(GT500クラスね)

昨年からレギュレーションが変わっていたのですが、それに合致していたのは、レクサスSC430のみ、ニッサンのGT-Rは、エンジンが違うし、ホンダのNSXは、エンジンもシャーシも違うって状況でした。今年は、どのメーカーもシャーシ&エンジンともレギュレーションに合致した車両での戦いとなりそうです。

レギュはおおまか
スキッドブロック:ホイールベース間のフロア下に幅200mm、厚さ30mmのスキッドブロックを装着
オーバーハング:フロントオーバーハングは最大950mm リアオーバーハングは最大1,025mm
幅:2,000mm
エンジン:3.4L、V8
こんな感じです


あまり、情報はありませんが、本とWebの情報で少し整理

まず、レクサス(SC430)
昨年のチャンピオンマシン。昨年より、レギュレーションどおりのマシンでの参戦の為、マシンも正常進化中。他のメーカーに比べて、不安要素は少なく順調に仕上げている状況。体制面もさほど変更も無い。他のメーカーが本領発揮する前に得点したいでしょう。参加は、5台(チーム)
昨年のチャンピオンチームはこれ
20100218001

ニッサン(GTR)
昨年、チャンピオン本命だったニッサン。性能的にも一番だったが、展開・性能調整で、うまくかみ合わずチャンピオンを逃す。今年のシャーシは正常進化で性能は期待できるが、レギュに合わせエンジンが4.5Lから3.4Lに変更。このエンジンの性能・信頼性がカギ。また、ニスモチームがタイヤをブリヂストンからミシュランに変更。チームも3台(チーム)体制と縮小と、不安要素も多くない。ただし、資源を集中して進化させることも出来る。レース巧者のニスモの進化に期待。
20100218002


ホンダ(HSV-010)
今シーズンの目玉。NSXから新車HSV-010に変更。こちらもレギュに合わせて、ミッドシップからFRに変更し、3.4LV8を搭載。見ての通り、完成度の高い車両。シェイクダウンから、速いタイムを出しています。ただし、テストのタイムは、調整しているのかどうかはわかりませんが、他のチームより、遅いタイムとなってます。ドライバーもかなりシャッフルされているので、こちらの組み合わせも面白いポイントです(RCでおなじみの道上選手がワークス童夢からプライベータの中嶋企画へ移動)。参加チームは、5チーム。
20100218003


シリーズの展開は、普通に予想すると前半戦は、安定のレクサス。中盤・後半にむけて、ニッサン・ホンダの巻き返しになりますが、はたしてどうなるのか?

ニッサン・ホンダの新エンジン(3.4L)は、ショートストロークのエンジンになるため、下のトルクがいままでのエンジンと比べると細くなります。そこが改善できていないとGT300と混走するS-GTではレース中の追い抜きが不利になります。昨年、レクサスはかなり改善したようです。ホンダの対策のひとつとして、脈動効果をねらって排気管を4-2-1で集合しリアから出しています。

各車の前後のバランスは、どうなのか? HSV-010は、フロントダンフォースが強いともいわれてますし、ニスモのミシュランタイヤは大丈夫なのか? とか興味はつきません

初戦の鈴鹿は、ハンデ無しのガチンコ勝負。単純に車の性能が見れるので、楽しみですね。ただし、予選はノックアウト方式になりますので、こちらは運にも左右されることになります。

私の注目は、

レクサスは、チャンピンチームの1番トムス、S-GT最速男立川選手の38番セルモ
ニッサンは、当然23番ニスモですが、それよりも12番インパル
ホンダは、18番童夢の小暮・デュバル新コンビと32番のエプソン
ですね

とにかく、ホンダがどれぐらいの速さを見せるかですね 


とりあえず、こんな感じです

どう、ふ~ぢぃさん

|

« コース改修 | トップページ | やってきましたライオンくん »

コメント

SGTさん、こんばんは

SGTでなくS-GTですので、お間違いなく

実車のダンパーでも取り付けていてください
どのボールエンド使うの?

投稿: SHO@管理人 | 2010年2月18日 (木) 22時18分

呼んだ(゚▽゚*)

投稿: SGT | 2010年2月18日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コース改修 | トップページ | やってきましたライオンくん »