« SHOの全日本の思い出2 | トップページ | SHOの全日本の思い出4 »

2010年9月 1日 (水)

SHOの全日本の思い出3

いろいろと感想

やぎ~さんのブログでも書いてあった様に、今回は明らかに世代交代が始まったと思える全日本でした。関西は、まだまだオサーンが中心ですが、世の中はすでに10代20代が中心となっています。30代以上がレベルが落ちたわけでもなく、それ以上NewAGEのレベルが上がっているのでしょう。

これもカブリますが、Li-Poバッテリが解禁になりました。我々にとっては、良い事。これで、Li-po+ブラシレス+2.4GHzが普通になり、誰でも普通の値段で高出力が手に入れれる様になりました。ただ今回実施されたLi-Poバッテリの電圧(8.4V以下)には悩まされました。通常に充電すれば問題ないと思っていたのですが、それだとほぼ8.4V超になっていまい。放電しないといけなくなりました。できれば、細かく電圧を設定できる充電器やテスター等が必要になりそうです。また、高機能な充電器がなくても事前にどう準備すれば8.4V以下になるのか、シミュレートする必要がありそうです。そのうち、そういうモードが充電器に付くのかもしれません。2.4GHzの送受信機もノートラブルと思いきやこれもノーコンが出たりするようです。方式によっては、混雑している中ではうまく電波?をつかめないものもあり、これも充分注意が必要です。(サンワで言うとM11Xは問題なく、M11+2.4Gモジュールは発生することもあるって感じ)。タイヤのコントロールタイヤ化は良い方向ですが、コンパウンドやインナーを選択するのは悩ましい所です。コンパウンドだけでなく、発売時期の違いがあったり、当然インナーの固さ等、まだまだ悩みの種尽きません。今回の私は、走れればなんでも良かったので、あまり気にはなりませんでした。ちなみに今年は、昨年のパンパンとは違いフニャフニャな感じでした。

レイアウトの件は賛否両論ですが、今回NewAge台頭したのもこの方式が一因だったかもしれません。ただ出来るだけイコールコンディションを私は望みたいと思っています。昨年に引き続き関西支部として、JMの役員にはお願いをしてきました。全日本選手権として、大会を継続して頂きたいので。本当は、大会を行える場所が少ないのが問題なんでしょうが.....

早く造ってください!

今回、初参加者3名と時間を共にしたのですが、3名とも全く不親切と憤慨本舗でした。事前に説明していましたが、いざ現場に行かないと判らないものなんでしょう。今回引率者と呼べる者が、私くらいしかいなかったので充分な対応がとれていなかった様です。
もう少し考えておかないといけませんね。

あと関西地区と全国地区の違いは、2駆はそこそこいけますが、4駆は全くダメですね。それには事情があって、走らせるコースが車にやさしく無いので、4駆をみんなあまり練習しません。これがすべてですね。関西のみなさん、これからは出し惜しみせず4駆も2駆同様練習をしてくださいね。

つづく

|

« SHOの全日本の思い出2 | トップページ | SHOの全日本の思い出4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SHOの全日本の思い出2 | トップページ | SHOの全日本の思い出4 »