« ABC1/10EPシリーズ戦(第4戦) 速報  | トップページ | GW1 »

2011年4月26日 (火)

ABC1/10EPシリーズ戦(第4戦)自己レポ

それでは、自己中心的に第4戦レポを!

前回のレースで、思うように走れなかったので、今回までに出来るだけ練習する様に心がけました。ただし、SCは除く。

しかし、残念な事に直前に雨、それも予想以上の雨、そしてなかなか止まない。レースは楽しみしている人もいたので、なんとかしたい。 で、土曜日、雨の中、止むことを期待して明石へ。小降りになるのを待って、排水作業を開始。O池さんとFKさんとで作業し、夕方なんとかなりそうな感じにして帰宅。翌日来てみると、予想通り水はかなり引いていて、少し我慢すれば普通にレースが出来る状況になっていました。早速みんなで、路面のゆるい所に人口芝を張って、練習開始。最初は、結構土を跳ねていましたが直ぐに、そうでも無くなりレース開始頃には、タイヤにも土が付かない状況となりました。

予選
SCクラス  予選1回目:前回のレースから何もしていない。路面のグリップが上がっていることを想定して曲がる方向にするため、フロントタイヤをキット付属のサブカルチャーのグリーン、リアはいつものAKAのシティブロック(ソフト)にしました。走りだすと、曲がり過ぎてコントロール出来そうになかったので、慌ててフロントをボウタイM2に交換。それでもまだ、フロントが入りすぎる感じでしたが、そのままスタート。すると今回は、4連が追い風ということもあり、フロントが下がり過ぎて上手く飛べません。結局コツを掴む終盤まで、ミスを繰り返して終了。11周5分02秒409(ベスト25秒755)で総合4位。以外に順位は悪くなかった。B4効果が出たのか、まことさんが速い!総合3位。予選2回目:フロントの車高を少しあげて、走行開始。先程よりは、良い感じなりましたが、今回はどうも巡り合わせが悪く、予期せぬミスや他車とのからみで、タイムアップならず。総合7位に後退。予選3回目:最後のチャンス。路面コンディションもいつも通りの完全ドライとなり走りやすくなりました。セットは変更せず走行開始。尻上がりに順調に周回し、なんとか12周に突入。ゴール直前の左奥のヘアピンで転倒して、タイムロス。12周5分16秒403(ベスト25秒359)で総合2位。TQのnaoさんには3秒107届かず。でも、充分な結果となりました。

2WDクラス このクラスは出来ればTQを狙いたいクラス。予選1回目:タイヤは、フロント 4リブM3、リア ホールショット2.0M3にしました。1周目は慎重に周回し、2周目まさかの4連の最後着地で転倒。その後はそこそこまとめて走りましたが、路面の加減かいま一つな感覚。12周5分07秒017(ベスト24秒630)で総合4位。トップは、FKさん(差2.649秒)。予選2回目:昼休みを挟みましたが色々あって、練習走行出来ず。しかたなく、リアタイヤをボウタイM3に変更してみました。路面も良くなっているので、ペースも上がっていますが、ミスも増えました。タイムは上がらず、残念!総合5位に後退。予選3回目:時間が無くセットはそのまま。スタートしますが、どうもリアタイヤのせいか動きが鈍く感じます。ただペースは悪く無く周回を続けます。しかし5番手スタートと言うこともあり、他社との絡みが数度。数秒のタイムロス。13周には入れず、12周5分02秒759(ベスト24秒573)。で予選2番手となりました。TQは、唯一13周に入れたnaoさんになりました。

4WDクラス タイヤは、フロント ホールショット2.0M3、リア ボウタイM3でいきます。予選1回目:なんか動きがおかしくそのうちに、異音発生。ごまかしての走行でそのままゴール。12周5分02秒128(ベスト23秒235)総合4位。ちょうど昼休みになったので、ピットに戻ってリアデフ確認、掃除して走行。まだ異音がするので、リングギア交換でやっと異音が無くなりました。予選2回目:順調に周回しますが、アンダーが強くラップタイムが上がりません。そのままのレベルで最後まで走行。13周5分11秒623(ベスト23秒357)タイムアップするも順位変わらず総合4位。予選3回目:フロントタイヤがかなり減っていたので、新品に交換。今度は、曲がります。時々突っ込み過ぎて、アンダーを出しますがそれ以外は順調に周回。13周5分03秒760(ベスト22秒729)でTQゲット!

決勝

SCクラス スタート直後、4連でTQのnaoさんが転倒し私がトップに、でも即後続につかまって2位に後退。結果まことさんがトップで逃げるのを追いかける展開に。4周目のまことさんのミスを逃さず捕らえて再びトップに。今度は、オランゲさんが急激に追い上げてきます。必死に逃げる。とにかく向こうの方が速いので、ミスしないようにコンパクトなラインで丁寧に走ります。運良く4連でオランゲさんが転倒して、そのままトップゴール! SCクラスは初優勝となりました。

2WDクラス リアタイヤをホールショット2.0M3に変更以外そのまま。スタートからTQのnaoさんに付いていきます。必ずどこかでチャンスが来るはずなので、それまでしっかり付いて行く作戦にします。中盤周回遅れと絡み少し差をつけられます。必死にプッシュして遅れを取り戻している9周目、naoさんがスタックしている周回遅れに気を取られたのか4連でまさかの転倒。その横をすり抜けて、ようやくトップに立ちます。2位とは差が数秒あったので、無理なプッシュはせずにコントロールできる範囲でミス無く走り差を極力保ちます。終盤、前に周回遅れが見えてきたのと差がまだ少しあったので、ペースを少し抑えて周回遅れは抜かずにそのまま2周走りきり、そのままトップゴール。やりました2勝目です。

4WDクラス 全クラス制覇が掛かったレース。それもTQからのスタート。期待モリモリです。スタートは、無事に終えましたが、3連で後続と絡み合って、5位に後退。しかし、5台は連なっており、トップまで1秒強。3周目、3連でhikoさんが転倒して4位浮上。4周目の4連で、トップのO池さんが転倒。これで3位浮上。トップ争いをしている間に、少し開いている差を必死に詰める。今度はトップのFKさんが8周目3連で転倒して、2位に後退、つづいて9周目マウンテンの転倒。これで、私が2位に浮上。しかし、トップnaoさんとの差は1秒強。そして10周目、今度はnaoさんがマウンテンで転倒し、ついにトップに返り咲き! 残り3周 自己ベストも出しながら必死に逃げて、なんとかトップゴール。これで、本日3勝全クラス制覇!

今回のレースは、想定した内容はもう少し速いラップの予定でしたが、路面コンディションも在りかなり混戦となりました。他の方々より練習したつもりだったので、もう少し良い展開になると思い込んでいましたが、まわりのレベルアップがそれを許してくれませんでした。もっと練習しないといけませんね。ですので、予選は、とても厳しい状況で予選3回目まで、かなり追い込まれました。予選3回目でなんとかなって決勝へつなげる事ができました。決勝は、レース展開に助けられ、最高の結果になりました。

こういう良い展開もあるんだというレースでした。

次回も頑張る!

|

« ABC1/10EPシリーズ戦(第4戦) 速報  | トップページ | GW1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ABC1/10EPシリーズ戦(第4戦) 速報  | トップページ | GW1 »