« ABC1/10EPシリーズ戦(第6戦)速報 | トップページ | ABC1/10EPシリーズ戦(第6戦)セット »

2011年7月27日 (水)

ABC1/10EPシリーズ戦(第6戦)自己レポ

久しぶりに、雨の心配もなくレースが開催されました。これでしばらくはコース整備の負担が軽減されるかと思うと一安心。

今回の参加者は、あひるホビーのレースもあったこので少なめ。SCクラス 13名、2WDクラス 21名、4WDクラス 17名のべ51名となりました。

梅雨時期にはずいぶん荒れた路面ですが、あきらめず整備を繰り返したのと台風直後の整備で問題なく走れる路面なりました。砂が浮いてきますがグリップもかなりある状況です。天気も曇りから晴れになり後半はかなり暑くなり、人間的に厳しい環境になりました。今回も予選から接戦となりましたが、いつもの様に自分中心レポを。

予選
SCクラス  SC10は、ここに来るまでかなり迷走しました。ボディをPROLINEのFlo-Tekに変えてから、バランスがかなり変わり今までのセッティングでは全く走れなくなり、セット、タイヤ、走らせ方で色々試してなんとかレース出来るまでになりました。ただし、今の路面が条件ですけど.... セットは、ダンパーオイル F #45,R #30、バネ F 赤、R 銀、タイヤ 前後 ホールショット2.0M3 で、ロールをスムーズにさせる感じで走るみたいな.... よくわかりませんね ハハハ....。リアタイヤはいくつか試しましたが、シティブロック、スナイパー,グースバンプ、ホールショット2.0 どれも今の私のマシンでは大差はありませんでした。折角買ったので今回はホールショット2.0M3を選択しました。

予選1回目 想定内の範囲なんですが、はやり少し速さが足りない感じですが、タイム的にはそれほどでも無い模様(インフィールドは遅いが、外周は速い)。でも操縦台まえの連続ジャンプ(旧4連)の進入をどうしても最短ラインを通ってしまい、ジャンプの飛距離が足りずミスを連発。でも他の選手も結構ミスしていたようで、暫定2位。ただし、トップのnaoさんはひとりだけ13周。
2回目、今度はよりスムーズに走る事に専念。タイム的には速いという訳ではないが、24秒台を安定して刻む。10周目に転倒して大きくタイムロス。で、ほぼ1回目と同じタイム。とみぃ~さんに抜かれて、暫定3位。
3回目 当然グリップの上がっているので、大きくタイムアップを目指す。ベストも23秒台に入り、望む展開。しかし、5周目転倒し大きくロス。その後もペースは変わらずそのままゴール。13周にははいりましたが、総合3位となりました。トップnaoさんは、ミスなく走りきり私より9秒弱先行。決勝かなり頑張らばないと! 
総合3位  13周5分21秒637(ベスト23秒774)

2WDクラス 予選1回目 B4.1を投入してから新車効果で、いい感じに走れてます。先週のGOJOでのトラブルは、バッテリの不良とわかり一安心。セットを真夏向けにダンパーオイルをF #35,R #30に変更。タイヤは、F スクラブM3、R ホールショット2.0M3。最初はタイム出すために少し余裕を持っての走行。好調なのは、練習走行から切れた走りをしていた。うなぎさん!ガンガンタイム出すので、私も負けずに走ります。少しミスはあった物のそつなくまとめてゴール。13周5分05秒832(ベスト22秒851)で暫定1位。
2回目 温度が上がってきたので、フロントタイヤをスクラブのM3→MXに変更。今度は、ほぼめいっぱいでの走行を心がける。うなぎさんも速いタイムで応戦してきます。私は、ほぼミスなしでそのままゴール。13周5分00秒801(ベスト22秒595)で、暫定1位キープ。14周いけるぞ!
3回目 セットは変更せず。14周を目指してスタート。路面グリップも上がっている事もあり、1周目から22秒台のハイペースではいります。2周目に21秒台に入りどんどん調子にのっていきます。が、9周目痛恨のミスで転倒。ここで集中力切れ.....連続ミスで、タイムアップならず、8周目までほぼ22秒台だったので、残念! みんな暑さで疲れてきているのか上位はタイムアップする人は少ない3ラウンドとなりました。でも、2ラウンドまでのタイムでTQを獲得出来ました。
総合1位 13周5分00秒801(ベスト22秒595)

4WDクラス 1回目 今の明石でのDEX410Rには不満は無いのですが、もう少し上を目指してもう少し握って走れる方向へ調整中。今までよりは少し足回りを固めて、今回に挑みました。外周では握れているのですが、インフィールドは充分に調整できておらず少し今までよりは、遅い感じ。でも車自体のバランスは悪くないので今回はこのままで行く事にしました。タイヤは、前後 ホールショット2.0M3。ペースは、普通でインフィールドをコンパクトにまとめる事に注意しながら走行。ミスもほぼ無くそのままゴール。naoさんも同等ペースでしたがミスがあった様で、私が暫定1位。14周5分11秒615(ベスト21秒674)。
2回目は、セットを変えずペースを上げて、タイムアップを目指します。序盤少しリズムに乗れず走り続けていると5周目に操縦台前の連続ジャンプで転倒。3秒強ロス。その後は、スイッチが入り21秒台で走りますが、10周目同じ場所でまた転倒。残念ながらタイムアップならず。naoさんに抜かれて、暫定2位。ミスすると急に速くなるんですね....
3回目 路面グリップも上がってきていますので、タイムアップは絶対条件です。TQ奪取を目指してスタート。フロントタイヤの磨耗が気になりますが、1周目は、22秒台。naoさんとO池さんが21秒台! 焦らず、磨耗したフロントタイヤに合わしながらタイムを上げていきます。中盤以降タイムもよくなり、終盤の追い込みで逆転そのままトップゴール。naoさんとは、0.545秒差でTQを獲得。14周5分07秒302(ベスト21秒288)。ミスがなければ、O池さんがTQやったな....



決勝
SCクラス Aメイン このクラスは、前について行くだけ作戦はありません。スタートは、接触しない様に安全に走行。トップnaoさんは、どんどん逃げていきます。3周目おらんげさんの転倒で、2位に浮上。頑張ってこれ以上無理っというペースで走ります。少し差は縮まりますが、こっちが少しミスするとどんどん離れていきます。結局差は、埋まらずそのままゴール。2位となりました。まぁ、少し前の状態を考えると充分な結果です。
決勝2位  14周5分19秒889(ベスト23秒526) (予選3位)

2WDクラス 序盤でリードするつもりでスタート。ラッキーな事に後続の混乱で大きくリードが出来ました。後は、無難に走るだけなんでが、疲れからかどうも思うような感じで走れません。ラインも安全にふって走りますが、頭がぼぉーっとして集中できません。9周目、操縦台前の連続ジャンプを飛び損ね転倒しかかって大きくタイムロス(4秒ほど)。まだ後続との差はあるので、焦らず走行。なんとかそのまま走りきって優勝となりました。本人的には、気持ち的に閉まらない走りとなりましたが、優勝したので良しとします。
優勝 14周5分04秒170(ベスト22秒225) 予選TQ

4WDクラス こちらはフロントタイヤの磨耗が心配。頭を冷やし、気合をいれてスタート。左奥のヘアピンで、やはり曲がらない。おかげで2位のnaoさんにぴったりつけられてます。後続のO池さん、とみぃ~さんも続き4台で、しばらく接戦となります。10周目naoさんのミスで少し差がつきます。このままなんとか逃げきりたいところですが、12周目周回遅れに追いつき、うまくかわそうとしたのが裏目、3連で飛距離がおかしくなり、まさかの転倒。後続もつづいているので大きくタイムロス(6秒程)。4位に転落。その後、なりふり構わず全開で走行。少しコース外に飛び出したりしながら、上位入賞を目指します。最終ラップ、操縦台前の連続ジャンプで勢いが止まらず超強引にO池さんを抜いて、3位でゴールとなりました。O池さんすいません、少しやりすぎでしたね。
決勝 3位 15周5分16秒967(ベスト21秒145)  予選TQ

SC10、B4.1については、充分な結果だったと思います。特にB4.1予選3回目でベストが21秒台に入ったのは、予想以上の結果でした。DEX410は、フロントタイヤを用意しなかったのが敗因ですね。新品タイヤがあれば、もう少し納得の行く結果になっていたと思います。次のレースも環境的にはあまり変わらないと思いますので、セットは今の方向で人間の方のレベルアップする努力をしたいと思います。まだまだ、改善する点はありますので。

2WDは、ロングシャーシにしようかな......

今回も画像なし

|

« ABC1/10EPシリーズ戦(第6戦)速報 | トップページ | ABC1/10EPシリーズ戦(第6戦)セット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ABC1/10EPシリーズ戦(第6戦)速報 | トップページ | ABC1/10EPシリーズ戦(第6戦)セット »