« 明石バギー倶楽部のEPシリーズ戦 RD10(最終戦) 速報 | トップページ | チャレンジカップレギュレーションの検討 »

2011年12月 2日 (金)

明石バギー倶楽部 EPバギーシリーズ戦 RD10(最終戦)自己レポ

長い2011年シリーズ戦が終了しました。第10戦は、悩まされた天気も問題なく順調なスケジュールでした。

今回参戦予定だった大正地区の方は欠席でしたが、代わりに尼崎のあいつが....
今回もどうなることやら...

周回方向は、前回の逆周りで右回り。飛びやすい様に修正したはずの奥の1+3ジャンプが、逆に難易度が上がってしまいました。さぁ、始まります。今回のテーマは、SCクラス優勝。そして、シリーズチャンピオン。

参加者は、 2WD 20名、4WD 14名、SC 12名となりました。私は当然トリプルエントリー。
B4.1F、DEX410V3、SC10Fで行きます。B4.1が前日しっくりこなかったので、少し不安です。朝の練習走行で、B4.1とDEX410は確認して、SC10は未走行。

予選編
まずは、SCクラスから。操縦台に上がり走ろうとすると、動かない。バインドしなおして、走行すると今度はノーコン.... 予選1回目はあきらめて、受信機載せ替え。残りの予選時間を利用して再度走行。やはり、ノーコン... もう無理か... あいつが来るとこうなるんだよなぁ... ほぼ諦めかけたその時、O池さんが受信機を貸してくれました。おぉ、神は存在する。
予選2回目 受信機交換後は、ノーコンは出ませんでした。タイヤは、フロント:ボウタイM2、リア:ホールショット2.0M4。ボディは、FloTek。少し前の練習で良い感触を得ていたM4コンパウンドでしたが、今回はイマイチ。スタートで転倒しまいましたが、後はリアがシビアな車をコントロールしながら必死に走ります。キングnaoさんには、到底追いつけない感じ。とにかくゴールまでたどり着く。12周5分02秒394(ベスト24秒356)で総合2位。トップnaoさんとは、結構な差がある。イカン。
予選3回目 リアタイヤをM3に交換。それ以外は、迷いましたが変更せず。スタートすると先ほどよりは、コントロールしやすくなりました。前のnaoさんについていきますが、お互いに小さなミスを繰り返し少しグダグダ感をだしながらゴール。でもタイム更新していました。13周5分19秒448(ベスト23秒717)総合2位。TQは、最近好調のM上さん。naoさんは、4位。これは、面白くなってきた。

2WDクラス いつもはそこそこ自身があるのですが今回は、あまり無し。ポイントの1+3連ジャンプは、2+2で行きたいのがリスクが高いので1+2+1でいくことに。
予選1回目 タイヤは、フロント:4リブM3、リア:ホールショット2.0M3。ホールショットのインナーは通常は付いてくるのをカットして使用していますが、この温度では少し硬いので16M(中古)に変更。練習走行中に、バックラッシュがずれる。よ~く考えると全日本の時に力任せにモーターを固定した時にネジ山をなめていたのを忘れてました。片側のビスでなんとかなるだろう... スタートしてみるとグリップは思ったよりは良くない。1+3連ジャンプは、1+2の後少し飛びすぎてうまくいかない。ペースは23秒中盤くらい。8周目転倒で大きくロスしてゴール。13周5分12秒174(ベスト23秒230)。みんなミスしたので、とりあえず総合トップ。
予選2回目 フロントタイヤをスクラブM3に変更。グリップは上がっているが序盤ペースが上がらない。おまけに6周目に転倒。あぅぅぅ... その後はスイッチが入ってペースアップ。そのままゴール。またまた、naoさん、アイツのミスに助けられ。まだ1位。13周5分11秒951(ベスト22秒781)。
予選3回目 セット変更なし。序盤から飛ばしていきますが、中盤・終盤でチョイミス3回。13周5分05秒517(ベスト22秒798)。TQは、ミスなしのnaoさんに持っていかれました。私は2位。

4WDクラス 予選1回目 調子のイイV3。調子に乗ったらミスしまくり。ついでに、いろんな事に挑戦した結果。リアバルクのウィングステー部分が折れました。とりあえず瞬間接着剤で固定して、ウィングを新品にして修理完了。
予選2回目 今度はちゃんと走ります。コースオープン後の走行で転倒したら、ウィングが曲がりました.... 何度か直して貰いましたが、あきらめてそのまま走ることに。しかーし、1周目転倒。気を取り直して、ペースを上げてきます。トップとは少し差があるようですが、気にせず周回を続けます。当然ウィングは横向いてます。終盤トップに追いつき、渾身の最終ラップで逆転して0.5秒差でトップになります。14周5分14秒548(ベスト21秒280)
予選3回目 ばっちゃんとあらやんのサポートで、リアバルクウィングステーを修理完了。TQを目指して、スタートします。1周目から21秒台で入り、絶好調で周回を続けます。が、7周目転倒。何かがおかしくなってペース上がらず、最後はグダグダ。タイムアップならず。naoさんに逆転されて、総合2位。決勝頑張る。

20111129002

決勝
SCクラス 今回は協議の上、12台決勝なりました。混乱に巻き込まれないのがチャンピオンには絶対条件。1周目に集中です。 ペースは、SCキングの方が上なので、前を走るも必須です。緊張の中スタート。1周目にキング3位浮上、M上さん、私、キングの順。あいつは、たこ殴りでリタイア!フフ 3周目の、操縦台前の連続ジャンプ侵入を少しミスして調整しながら飛んだら、M上さんをかわしてトップに
!キングも2位に。ここからが本番。もう、必死のパッチで逃げます。私の車はリアが流れると止まらないので、ラインと侵入速度に注意しながら、丁寧に走るのを心掛けます。僅かでもタイムを稼ぐ為、奥の1+3連ジャンプを出来る限り2+2で飛びます。キングもミスをしているようで、まだ差はあります。それに周回遅れがうまく間に入る私には良い展開。そして10周目、キングが操縦台前ジャンプで転倒し、大きくロス、翌周もロス。これで楽になりました。スタックだけはしないように注意して、無事にゴール!これで、今期3勝目と共にシリーズチャンピオンを獲得。
13周5分05秒051(ベスト23秒771)

20111129001

↑たこなぐりにあったアイツのマシン

2WDクラス この日の目標は達成できたので、リラックスして挑みます。が、スタート直後のジャンプでミスをし、あいつに抜かれます。3周目、naoさんが、奥の1+3ジャンプ着地で転倒、私は2位に。あの野郎は速いですが食い下がれば、チャンスは必ず.... と思ったらスタック(´Д`) マーシャルは大活躍中で後回し、7秒程放置。で、あとは後続も離れていたので、流して走ってそのまま2位でゴール。まぁ、いいか!
14周5分23秒465(ベスト22秒649)

4WDクラス 今度はミス無くスタートをきり、トップのnaoさんをスタート直後のジャンプでかわしトップに。リアタイヤを新品にしたこともあり安定して走れるので、21秒後半~22秒前半のタイムで必死に逃げます。2番手のnaoさんにミスがあったようで、差が少しつきました。でも、何があるかわからないので、そのまま構わず攻め続けます。終盤、差が10秒程あるのを確認してベストラップも狙ってペースを上げて見ました。具体的は、奥の1+3ジャンプを2+2で飛んで、操縦台前のジャンプをテープルトップ上までイッキ飛び。案の定少しミスをしましたが、ベストも出てそのままゴール!V3の初優勝となりました。しかし今回のV3は、絶好調やったのぅ。 15周5分18秒927(ベスト21秒119)

最初は、トラブルが出てどうなるかと思いましたが、決勝は展開が味方してくれて念願のSCクラスのシリーズチャンピオンが手に入りました。これで、2WDクラス・4WDクラス全てのシリーズチャンピオンとなりました。出来すぎですが、本当に嬉しいです。1年間終始戦ってくれたnaoさん、倶楽部のメンバーありがとうございました。

1年間の感想は、別途書きます。

では、

|

« 明石バギー倶楽部のEPシリーズ戦 RD10(最終戦) 速報 | トップページ | チャレンジカップレギュレーションの検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石バギー倶楽部のEPシリーズ戦 RD10(最終戦) 速報 | トップページ | チャレンジカップレギュレーションの検討 »