« 悩み中 | トップページ | NeWボディ »

2012年1月14日 (土)

明石バギー倶楽部 EPシリーズ戦 RD1 (自己レポ)

2012年明石バギー倶楽部のEPバギーの開幕戦 が行われました。今年から、第4日曜日から第 2日曜日に変更され、1月8日となりました。 まだ正月気分の残るなかのレースということも あり、参加者は少なめ。2WD 19名、4WD 20名、SC 10名となりました。 私は、今年も基本トリプルエントリーで参加す る予定です。

マシンは基本昨年と同じですが、 2WDのB4をロ ングシャーシにしました。今流行りの方向で行 きたいと思います。今回もアイツこと、床ちゃ んが参加しており何かが起こること間違い無し です。気を引き締めてのレースとなりました。

予選 SCクラスも今年から選択タイヤ制となりまし た。銘柄指定のみで、PROLINE スナイ パー,HOLESHOT2.0 と AKA CTIYBLOCKの3種類が 選定されました。それぞれに大きな差はなく、 3種類あればいつでも入手できるだろうという 判断です。状況みながら、変更していくかもし れません。 マシンは、昨年のチャレンジカップ以降、メカ を外して放置されており前日に稼動するように した程度。本格的には次戦から手を入れていこ うと思っております。 ので、セットは前回のま ま。温度が低いのと少し足回りが、しぶいので リアグリップが薄くかなり難しい状況。とりあ えず1回目は、我慢の走り。タイヤを F ボウタ イM3,R HOLESHOT2.0 M4に。残念ながら扱い ずらい状況で中盤にしずむ。キング相変わらず 速し!ミスをしてもトップタイム。今回は、タ イヤをちゃんと用意したFKも速く侮れない。最 近ずっと好調の「せ」さんも速い。 2回目 セットは、タイヤを F ボウタイ M2,R スナ イパーM3に。先程よりはコントロールしやすく なったが、アグレッシブに行き過ぎて転倒ばか り、13周入れず。車のコントロールは難しい が、コントロールできる範囲で走れば、そこそ こ行けそうな感触を得る。 3回目 とにかくミスをしないように抑えて走 る。コーナーは丁寧に、ストレートの握れると ころは握って。で、13周入ってゴール。総合2 位、FKより前のポジションで一安心。決勝 は、運任せでいきます。

2WDクラス B4の8mmロングシャーシを使用。 普通に良い感じだったんですが、気温が低いせ いかグリップイマイチ。特にリアがナーバス で、思い切りいけない。おまけに、奥の1+3連 ジャンプがリズムが狂い飛べなくなる状況。予選1回目をスタートしてみると同組の FKが異常 に速く、総合トップタイム。ベストもトータル もどちらも速い。自分にタイムを見比べると ちょっと届きそうに無い感じ。路面の改善に期 待。総合3位。FKは、リアにM4を使っていまし た。FKは、バツグンのグリップというけど、他 の人はイマイチの判断。SCでもあまり良くな かったので、M3のままで行くことに。 2回目 セットは変更せず。グリップも上がって います。しかし、こちらも転倒が多くタイム アップするもトップには、少し差がある状況。 総合5位。3回目 最後なので、リアタイヤを新品に。いつ もよりも集中してスタート。残念ながら転倒。 まぁ、あきらめず最後まで走りきりゴー ル。14周には入れず残念、タイムはアップしたので、総合3位。TQは、FK。2位は、naoさん。決勝は、 とにかく前に出る展開を目指す。

4WDクラス DEX410V3は、相変わらず好調。 セットは全日本以降変更なし。レース前の練習 走行で、リアタイヤが外れました。私はリアホ イルにB4と共用でプロライン製(ピンタイ プ)を使用しています。今回の原因は、そのピ ンが折れてナットが緩んで外れた様です。前回 のレースも同様だったと思われます。今回は対 処として、事前に用意していた14mmハブの ホイルに交換して予選1回目に。タイヤは、 F ホールショット2.0M3,R ホールショット2.0M3。しかし、ス タート前リアホイル辺りから異音が... 対 処する時間がなかったので、そのまま予選ス タート。しかし、スタートして直ぐにリアに違 和感。3周で走行を中止。戻って確認するとベ アリングが終わってました。ベアリングを交 換。 予選2回目 路面グリップが違うせいなのか序 盤にリズムに乗り切れず転倒をします。今回も 早速転倒。中盤でも転倒。速さは充分のようで すが、安定性に欠けそのままゴール。総合3番 手。3回目 フロントタイヤを新品に交換。リア は、予備が無いのでそのまま。走り出すと、予 想以上に新品効果を発揮し、かなり曲がりま す。今度は、それでペースが掴めず、ミス多発 でタイムアップならず。結局 総合4番手。

決勝 SCクラス SCキングの速さは抜け出てお り、なんとしても食らいついて行かなければ。 スタートのフライングに注意して、スタート。 今回から、カウントダウンではなしに、5秒前 ⇒スタートにコールを変更。1周目、なんとか トップのSCキングについていきます。少し差は開きましたがとにかく必死でついてきます。後続は、マウンテンの進入で絡んで後退しているので初めから一騎打ちに。しかし、ジリジリと差は広がっていきます。中盤、周回遅れと絡み差は一段と開く。う~んマダマダ。そして9周目、奥の1+3連ジャンプでSCキングが転倒。復帰に時間が掛かっている間に、私がトップに。必死に逃げますがペースが違うので追いつかれるのは時間の問題。とにかくミスをしないように必死のパッチ。この日は運がいいのか、キングが追いつかれそうになるとミスをしてくれて、最後まで追いつかれずに逃げ切り~。
SCクラス 予選2位 決勝 優勝 13周5分05秒943(ベスト23秒777)
2WDクラス 1周目かなり荒れ気味の展開。スタート直後の連続ジャンプ終わりで、TQのFKがスタックして行く手を塞ぐ。naoさんと私がそのまま突っ込んで引っかかるも2台連結で突破。混乱なんとか2台で抜け出す。ポジションは2位。しかし5周目、マウンテンの直前でスタックしてタイムロス、トップとの差が開く。その後、トップnaoさんもミスで差が縮まると同時に気が付くと、後ろにFKが... 「ヤバイ」 抜かれるわけにはいかないので、必死で逃げながら追いかける。後ろは突かれているがトップとの差も無くなり、とても面白い展開。このまま最後まで勝負したいと思った瞬間。ミス.... 3位に後退。残り2周流して走って、3位のままゴール。
2WDクラス 予選3位 決勝3位 14周5分22秒904(ベスト22秒464)
4WDクラス 他のクラスと違って車は走っているので、いいレースを! スタートは慎重にいって、順位をキープ。ペースは悪くなく、展開を見ながら前を狙う。しかし、2位の床ちゃんがチョコチョコミスして、後続のペースが上がらずトップnaoさんが逃げていく。焦っているうちに、前者にミスにつられてマウンテン下りで痛恨のミス! 5位に後退。 中団にもまれてイライラしているとまたもミス。6位,「あかん....」 でもこのあたりからエンジンが掛かりだし、ペースが上がってくるので調子に乗ってみる。強引に5位に浮上したあたりから、みんなのミスが増え自動的に順位が上がっていく。12周前車のミスで一気追いつき、床ちゃんにぶつけて、上から抜いて、2位に浮上。13周トップのnaoさんが転倒。そして復帰に時間がかかり、私がトップに。デジャブ... トップのまま最終ラップ。しかし、残すところ2コーナーで みーすぅ... 内側のフェンスに乗り上げ。トップを謙譲! し か し、まだまだレース終わっていなかった。最終コーナーで、今度はトップnaoさんがフェンスに引っ掛け、1回転! そのインをすり抜け トップゴール!0.77秒差で、ごっつぁん優勝! そして、めったに言わないけど、床ちゃんゴメン!
4WDクラス 予選4位 決勝 優勝 14周5分01秒923(ベスト20秒777)
20120114001
今回は、かなり苦しい展開でした。運がよかったので結果に恵まれましたが、次回はこうはいかないでしょう。もう少し精進して、充分調整して挑みたいと思います。また、コースコンディションが最悪で気持ちよく走れません。次回も改修は間に合いそうにないので、今回よりも厳しいコンディションになりそうです。せめて、レイアウト変更は少ししたいですね。


最後の画像はスマホでとって見ました。

20120109001

|

« 悩み中 | トップページ | NeWボディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悩み中 | トップページ | NeWボディ »