2006年4月16日 (日)

フォーミュラーニッポン第2戦

さっき書いたように、今日は家の片づけをしながら、フォーミュラーニッポン(FN)の第2戦鈴鹿を見てました。かなり激しい展開となり、見ごたえ充分でした。

P
予選は、ウェットから乾いていく状況で確実の路面状況を把握したチームが上位にきました。なかでも、チームインパルは第1戦と同様に強さを見せました。
予選上位は、こんなかんじ(左)


決勝は、第1戦が雨でフォーメーションラップ2周で終了したため、事実上の開幕戦となります。路面は、ドライ。波乱は、スタートから!ポールのトレルイエがロケットダッシュを決める中、2位のあの本山がエンジンストール。後続も影響され、順位は大荒れ、序盤の順位は、トレルイエ、ロッテラー、ビルドハイム、松田と続きます。とにかくトレルイエが速くついていけるのは、ロッテラーのみでしたが、そのロッテラーも離されていき、単独走行なっったときにフライングのペナルティがトレルイエに! その直後、今度はロッテラーの右リアがバースト! ビルドハイムがトップに、しかしビルドハイムのペースはあがらず、数台が数珠つなきに 接近戦はそのままにつづき中盤から終盤にかけて、天気が悪くなり雨が、給油とタイヤ交換のピットインそして、雨がかさなり、それはそれは、混乱となりました。最後にトップチェッカーを受けたのは、PIAAのデュバルでした。2位は、ビルドハイム。3位は、トレルイエでした。

チームインパル強しといわれましたが、今回は運が無く。PIAA NAKAJIMAの作戦に敗れました。今回のレースで再認識したのは、速いと強いは違ういうこと、世界で成績を残しているドライバーは、荒れれば荒れるほど、確実に前にくるということですね。トレルイエは、速いけど強いとは少し違うと感じていることが、そのまま現れたようなきがします。その点、デュバル・ビルドハイムは、さすがだな。トレルイエが世界にいけない理由がここにあるような気がします。

台数が増え、ニューカマーが増えているFN今年は、去年以上に面白そうです

Fn2006_002_1 結果です


| | コメント (2) | トラックバック (1)